<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 最近の二コール・リッチーは可愛すぎると思う。 | main | この愛らしい娘の父親は一体誰でせう・・・。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.02.09 Wednesday  | - | - | - | 

ノルウェー皇太子妃メッテ・マリット

世界の王室からコンニチワ。第2弾はノルウェー皇太子妃メッテマリット妃です。異色のプリンセスと言うのか、それともシンデレラストーリを歩んだ女性というのか。いずれにせよ彼女と時期国王ホーコン皇太子との結婚までの道のりは非常に厳しい物でした。

そもそも彼女とホーコン王子の出会いは結婚の3年前ですが、実際に恋人という関係になったのは南ノルウェーでの再会後だったとのことです。当時メッテマリットは働きながらオスロ大学で学ぶ勤労学生。ホーコン王子はそんな彼女にメロメロだったようです。そして二人はお付き合いを経て「結婚」を意識するようになった・・・とまぁここまでは普通のカップル話なんですが、問題はここから。なんと彼女はシングルマザー。そうです。未来のお妃候補には既に3歳になる男の子マリウス君がいたのです。更にそれだけではなく、彼女の過去を調べてみるとドラックがらみのパーティーに出入りしていた事も発覚。未来のお妃候補がこんなんでいいのか!?ってなぐあいでノルウェー国内でこのシングルマザーお妃候補論争が巻き起こったそう。

しかしながらここはノルウェー。現国王と王妃もその時代には珍しい恋愛結婚。しかも王妃は民間の出身で、結婚の許可までに7年(9年?)かかったとかかからなかったとか。そんな王様と王妃を持つ古くから恋愛に寛容だったノルウェー国ならではの考え方で、最初はあまり歓迎されなかったシングルマザーであるメッテ・マリット未来の王女論も徐々に歓迎されるようになっていき、最終的には94%の国民が王子の結婚宣言に対して支持をするという数字を打ち出しました。(←ちなみにこの結婚を最終的にサポートしてくれたのは現国王だったとの話も。ホーコン王子、アンタの父ちゃんいい父ちゃんや・・。)

結局のところ王室がこの結婚に対して賛成か賛成でないかはノーコメントだったものの、婚約会見に現れた二人はもうラブラブそのもの。記者によるメッテ・マリットの過去に関する厳しいかつ、ストレートな質問にもメッテ・マリットはホーコン王子の手を握り締めながら誠意をもち「私の過去を受け入れ難い人がいるのも知っている。過去は変えられないが、これからの私たちをどうか見守っていって欲しい。」一言一言しっかりと答えており、その姿勢も国民に好印象を与えたとか。そしてホーコン王子も婚約会見の場で彼女の3歳になる息子マリウス君を王室メンバーとみなし、大切に見守っていきたいと宣言した。

ちなみに最近では二人の間に王位継承権2位(ホーコン王子の次)に当たる女の子イングリド・アレクサンドラちゃんが誕生している。ちなみに当然(?)のことながら、メッテ・マリット妃の連れ子であるマリウス君には王位継承権はありません。んでもって、王位継承のことを考えるとマリウス君にとっても女の子(イングリットちゃん)の誕生はよかったんじゃないかと思う。これがもし生まれたのが男の子だったら二人が成長するにつれて何だかいろいろと兄弟間で複雑な感情が沸き起こるんじゃないかと思えるので。同じ母親から生まれた男兄弟なのに、弟は未来の王様、兄は・・・・みたいな。でも女の子だったらまだそういう部分で最初から王位継承権の無いマリウス君にとっては少しばかり良かったんじゃないかと。


ちなみにイングリット・アレクサンドラという名前はスカンジナヴィア系の王室では昔ながらの名前で、親しみやすい事から命名されたそうです



2005.02.04 Friday 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 世界の王室からコンニチワ。 | 

スポンサーサイト

2005.02.09 Wednesday 17:01 | - | - | - |